脆性ノスタルジア 箏三重奏のための

Nostalgie Fragile

· Japanese Instrument

2018年9月初演。中田大梧・今野玲央の委嘱により作曲。楽譜、好評発売中!

一箏・二箏・十七絃(各パート1人から大合奏まで可能)

*

今回の箏三重奏は「夏」をテーマに作曲した。

宵闇を彩る蛍、極彩色の花火、つんざく蝉の声、みずみずしい朝顔...

夏というのは非常にノスタルジックな季節だと思う。 遠い記憶は心の奥底に強く焼きついているはずなのに、 思い出そうとすればするほど泡沫のごとく消え失せる。 そして、脆く、儚い記憶は混濁し、ありもしなかった幻想的な夏の風景が立ち上る-

*

2020年3月 第6回利根英法記念邦楽コンクールにて「脆性ノスタルジア」を演奏したグループが最優秀賞を受賞。

2020年11月 第35回兵庫県高等学校邦楽コンクールにて雲雀ヶ丘学園高等学校が「脆性ノスタルジア」を演奏し銀賞を受賞。

2020年11月 NHK「にっぽんの芸能」(11/13)にて放送される。

2021年1月 和歌山県高等学校総合文化祭 邦楽部門演奏会にて橋本高等学校が「脆性ノスタルジア」を演奏し最優秀賞を受賞。

 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK